不登校の原因は何?子供の生き方を尊重するコツ

不登校になる原因は人それぞれ

学校への登校を拒否する、不登校児童の数は増加傾向にあるといわれています。不登校になってしまう原因として挙げられるのは、いじめや家庭の問題など、様々な背景が存在しています。もしも自分自身の子供が不登校になってしまった場合、どういった対応を取れば良いのか頭を悩ませてしまう方も多いでしょう。子供が不登校になってしまった時には、まず子供の心に寄り添うことが大切になります。どんな子であっても、学校に行けないという罪悪感を抱えているケースが多いものです。学校に行けないことは悪いことではない、とその子の存在を受け止めてあげることが重要になります。また、学校に行けない理由を無理に聞き出すこともやめた方が無難でしょう。自分自身の口から理由を話してくれる時まで見守る姿勢が、子供に安心感を与える大切なポイントになります。

フリースクールなど居場所を見つけることも大切

子供が不登校になってしまった場合に大切なことのひとつが、居場所を作るということです。学校に行けなくなると、外に出たくない、誰にも会いたくないと部屋にこもりがちになってしまうケースが多いといわれています。そうした状態が長引いてしまうと、引きこもりに発展してしまうこともあるので注意が必要です。人との関わりを望んでいる場合には、フリースクールの利用を検討するのも良い手段でしょう。同じ年ごろの子供たちが集まるフリースクールでは、勉強のサポートはもちろん、友達作りに適した環境が整っています。学校に行くことだけが全てではなく、自分に適した居場所を見つけることも大切になるでしょう。

フリースクールの通学方法は、運営者の価値観に左右されるところがあるため、前もって資料請求をすることで、相性の良い通学先を選んでみることがおすすめです。