介護福祉士となるのにも実務者研修が必要!

介護の仕事をするための資格

「実務者研修」をご存知ですか。実務者研修とは、簡単に言えば、過去に介護職員基礎研修およびに介護ヘルパー1級として知られていた資格のことだと思えば良いでしょう。実務者研修は、平成24年度に創設されました。かつてのホームヘルパー2級に相当する「介護職員初任者研修」のひとつ上のランクの資格、ということになります。この実務者研修は、介護の資格のひとつというだけではなく、現在介護資格では唯一の国家資格である介護福祉士となるためにも、必要な資格となっています。つまり、国家資格者である介護福祉士になるには、養成学校で学ぶか、実務経験が3年以上なければなりません。介護福祉士となるためには、養成学校を卒業するか、実務経験を3年以上経て、国家試験を受けて合格することが絶対条件です。そして、実務を経て受験する場合には、実務経験3年以上に加えて、実務者研修を修了していることが必須になったということです。

介護資格でスキルアップ!

介護の資格でのキャリアアップは、法律の改定により少しずつ明確化してきています。要するに、まず介護職員初任者研修、次に実務者研修、それから国家資格者である介護福祉士、という順番でステップアップしていきます。それから、まだ正式に決定していませんが、将来的には認定介護福祉士という資格が創設され、これが介護資格での最上位の資格となるようです。実務者研修は、これから介護の資格を取得しようとしている人にもおすすめの資格です。また、介護職員初任者研修を修了してから介護の仕事につき、介護の現場で働きながら実務者研修を終え、介護福祉士へとキャリアアップすることもできます。実務者研修は、今後重要度を増すことが予想されます。

実務者研修は、介護職にかかわる重要な研修のひとつで、介護福祉士国家試験を受けるための受験資格の一つとなっています。