基本を抑えて勝率アップ!信用取引に向いている株の選び方を御紹介

信用取引に向いている株ってどういうこと?

信用取引とは、要するに証券会社から借金することで行える取引のこと。たとえばカードローンで借りたお金には金利が発生しますよね?同様に信用取引で借りた株式やお金にも金利が発生します。つまり信用取引は基本的に短期決戦向きで、長期保有には向いていません。ですから信用取引に向いている株は、1年後に値上がりする株ではなく、短期間に大きく値動きする株ということになります。この値動きですが、上昇だけでなく下落でもかまいません。信用取引は空売りが可能ですから、下落相場でも利益を狙えます。この点が現金取引との大きな違いであり、利点でもあります。

値動きが大きな株はどうやって見つけるの?

短期間の値動きが大きな株が信用取引に向いていますが、初心者はどうやって見つければ良いか分からないかも知れません。見つける方法は、利用している証券会社のランキングやニュースを確認することが一番簡単でしょう。ランキングで盛り上がっている株は基本的に値動きが大きいです。ただし値動きが大きくとも、非貸借銘柄は信用取引で扱えないので気を付けましょう。

出来高が多いかどうかも重要なポイントです。ごく一部の人たちだけで動かしている仕手株に手を出してしまうと、火傷を負ってしまうリスクが伴います。

狙いの株を買う前に気を付けたいこととは!?

狙いの株を見つけたら、投資することになりますが、その際に気を付けたいのが盛り上がりの寿命です。前日まで激しい値動きをしていても、いざ当日になったらピタリと終わってしまうことが意外と多いのが実状です。その株が当日も大きな上下を見せるかどうかを見極めるポイントは信用取引規制及び、しこり玉の有無です。いずれも問題なければ、その株の盛り上がりはしばらく継続すると考えて間違いないでしょう。

信用取引の費用を抑えるために、仲介手数料の安い業者を利用することや、キャンペーンに申し込みをすることが有効です。