相続税ってどこでどうやって支払えばいいの?

相続税とはいったい何?

相続税は自分のお父さんやお母さんなどの親族が死亡したとき、その死亡した人からお金や土地等の金銭的価値を有する財産を受け継いだ場合に、その受け継いだ財産が一定以上の価値を有する場合、その財産の価値に応じて、国が定めた金額を税金として納付しなければならない、という法律です。かいつまんで言うと、「君は相続によって、お金を貰いすぎていますから、それに対応した金額を国に納付してくださいね。」ということになります。

相続税の支払い期限っていつ?

相続税は、お父さんやお母さん等が死亡したことを知った日から10か月までに申告書の提出、納付を終えなければなりません。これを怠ると、相続税の税額軽減の特例等の税金を減らす法律を受けることが出来なくなります。さらに無申告加算税という追徴課税も支払わなくてはならなくなります。なので、申告、納付は、速やかに10か月以内に行わなくてはなりません。申告書の提出先は、その死亡してしまった方が亡くなった時の住所地の税務署になります。財産を受け取った方の住所地の税務署ではありませんのでご注意を。相続税の納付先は、最寄の銀行や所轄の税務署となっており、納付は原則一括払いで行わなければなりません。

前もってできることはあるの?

これらのことから、相続税は、相続が発生してから10か月までに全額を納付しなければならないため、あらかじめ親族と相談したり、税金のプロフェッショナルである税理士に、相続税の計算、相続税の減額方法や、その為にできる準備などのアドバイスを、なるべく早く受けることが重要であると言えるでしょう。

相続税相談は、税理士の仕事です。ただし、相続自体をどうするかは法律家の仕事でもありす。遺産分割をどうするかは税理士や法律家に、遺産分割が決まったら相続税は税理士に相談しましょう。