時代による税法の変化に対応しつづける存在、税理士

税理士さんの定義ってどういう感じ?

税理士とは国家試験等に合格し、税法に対して一定以上の知識を有しており、また実務経験が2年以上の者を指します。そんな税法や実務に明るい税理士さんに仕事をお任せすると、どんな仕事をしてくれるのかを紹介します。

税理士はどういうことをしてくれるの?

月次財務報告書の作成により、その会社の営業成績などの状況を月ごとに資料化してくれます。総勘定元帳、仕訳帳などの税務会計上作成しなければならないものを作成してくれます。節税アドバイスにより支払う税額に膨大な差が出ます。経営アドバイスは売上アップや費用削減のどのアドバイスをしてくれます。様々な国に提出するための書類の作成もしてくれるため、煩雑な手続きが不要になります。年末調整業務により、従業員等の確定申告が不要となります。入力仕訳、伝票監査、それらの誤植などの修正指導などもしてくれます。また、税法とは法律です。法律とは、当然時代のニーズにより改良や修正が行われていくものであり、税理士は、税法の法律の改正等の情報にも敏感です。そのため、その時代に対応した有利な会計方法を依頼した会社に提供してくれます。これらのほかにも税理士は様々なサービスを企業等に提供することができます。

税理士はどういう存在なの?

先に挙げたことから税理士とは、税法を熟知し実務に明るく、当該企業に対し様々なサービスやアドバイスを提供し、また日々改正され続ける税法に対しての情報にアンテナを働かせてもいますので、仕事を依頼した企業にとっては、税金対策だけにはとどまらないありがたい存在であると言えるでしょう。

税理なら岡山の事務所に任せることで、確定申告などの手続きをいつでもスムーズに済ませることが可能となります。