どんな相場にも対応できる!?信用取引の基本と簡単なテクニックを知ろう

そもそも信用取引って何?

文字通り、証券会社に信用して貰うことで可能な取引が信用取引です。信用を得るための手段は担保を差し出すこと。30万円以上の現金や株式などが担保として有効となります。信用取引の特徴は、どんな相場にも対応できることです。たとえば世界同時不況などが原因で相場が下落基調にあっても、信用売りを行えば利益を狙うことが可能です。安く買って高く売ることでしか利益を狙えない現物取引に比べ遥かに自由度が高いことは、大きな魅力と言えるでしょう。また、信用売りはレバレッジトレードが可能です。レバレッジトレードとは、手元資金の数倍もの株株式を購入できる取引のこと。たとえば100万円の現金を信用口座に入れていれば300万円近い株券を購入できるわけです。レバレッジを効かせながら上手く相場に乗ることができれば、短期間で大きな資産を築けます。

信用取引ならではのテクニックを知ろう

信用取引の魅力は、現金取引では不可能なテクニックが可能なことです。信用買いでの代表的なテクニックが「現引」。現引きとは、信用買い(借金)した株式を売却せずに現金で買い戻すこと。つまり借りていた株を現金で買い戻すことで、金利支払いから解放されるわけです。もうひとつのテクニックが、現物買いと信用売りを同時に行うクロストレードです。相対取引を行うことで相場がどのように動いても、手数料と金利以外の負担が発生しないことが特徴。つまり株主優待権利発生日にこのクロストレードを行えば、最低限のリスクで株主優待をゲットできてしまいます。この現引きとクロストレードを覚えるだけでも非常に有利なポジションを築けるので是非有効活用しましょう。

信用取引は現金や歌舞を担保にすることで、多くの金額で取引することを可能にしてくれる取引方法です。チャンスを増やすことができます。