ゲーム制作を学ぶなら大学よりも専門学校?

専門学校では実際にゲーム作りを体験できる

ゲーム系の専門学校が若い人たちに人気です。大学に進学してはできないようなより実践的な訓練ができるのが、専門学校の魅力だからでしょう。ゲーム系の専門学校では、自分たちで実際にゲームを作っていくこともできます。プロが使っているような高級な機材も用意されていますし、その点でも大学より実践的です。確かに大学でもかなり高度なことが学べるのですが、即戦力になりたい人や現場の最前線で働きたい人には専門学校のほうが適している可能性は高いですね。

大手ゲーム会社と提携している学校がある

ゲーム系専門学校の中には、大手ゲーム会社と提携をして、人材のやりとりをしている場所もあります。現場のプロの人がたまに学校にやってきて、教えてくれることもあります。卒業間近になれば、会社見学に行くこともできるでしょう。また、成績が優秀な人たちは、そのまま推薦という形で会社に入ることができる場合もあります。難関大学を卒業して厳しい競争に勝たなければ入れないような一流のゲーム会社に、楽に入ることができるかもしれないのです。この点でも、ゲーム系専門学校は魅力的ですよね。いい学校なら就職率も相当に高いですから、就職予備校としても大いに価値があります。

初歩的なことから教えてもらえるのが最高

専門学校は、まず最初はかなり初歩的なことから教えてもれるのが最高ですね。今までゲーム制作をしたことがないという人でも、スムーズにこの世界に入っていくことができます。多くの人が最初の段階でつまづいてしまうものですから、初歩的なことから徐々に教えていってもらえるのはありがたいことです。卒業までに四年かかる専門学校もありますが、そうした場所でならより着実にスキルアップができることでしょう。

ゲームの専門学校は、大手のゲーム関連会社と提携したりしているので、ゲーム関連の就職をしやすくなります。